特集記事

美肌を作ろう!フェイスマスクの効果的な正しい使い方とは?

美肌を手に入れる上で大活躍するフェイスマスクですが、使い方次第で効果の出方も変わってしまうもの。
あなたは、フェイスマスクの正しい使い方を知っていますか?

今、フェイスマスクを使う習慣がある人も、これから活用したい人も、フェイスマスクのうれしい効果を引き出す使い方を覚えておきましょう。

その1:お肌を整えてからマスクをオン

フェイスマスクを使うとき、何もお手入れしていないお肌に、いきなりのせてしまうのはNG。まずはお肌を整えて、フェイスマスクに含まれた保湿成分や美容成分を受け入れるのに最適な状態を作らなければいけません。

メイクをしている状態であれば、まずクレンジングからはじめましょう。お肌や目もとにクレンジング剤をじっくり馴染ませ、メイクをしっかりオフします。

その後、しっかり泡立てた洗顔剤で洗顔を行い、お肌をすっきりと清潔な状態にしておきましょう。ほこりや汚れ、余分な皮脂、ファンデーションの残りなどが付着したままになっていると、それらがフェイスマスクの成分をブロックする壁になってしまいます。
フェイスマスクの魅力である浸透力の高さを台無しにしないためにも、クレンジングと洗顔は徹底してください。

さらに、洗顔のあとには化粧水を使うことも大切なポイント。
種類豊富な美容成分がたっぷり含まれたフェイスマスクは、美容液の代わりとして使うのがベストです。
洗顔→化粧水→美容液→クリームというデイリーケアに取り入れるイメージで、あらかじめ化粧水でお肌を整えてから、フェイスマスクを使用しましょう。

その2:しっかり密着させて待つ

フェイスマスクは、清潔な手で広げてお肌全体をカバーするようにしっかりのせます。
お肌とフェイスマスクのあいだに空気が入らないよう、しっかり密着させましょう。すきまができ、空気が入ってしまうと、その部分にはせっかくの美容成分が浸透しなくなってしまいます。

フェイスマスクによっては、目や口にぽっかりと穴が開いています。
そのため「気になる目もとや口もとはカバーしきれないのでは?」と不安になることもあるかもしれません。そんなときは、アイクリームなどポイントスキンケア用のクリームをお肌にのせ、上からフェイスマスクを重ねるようにしましょう。

フェイスマスクをすきまなくしっかりのせたら、その状態でしばらく待ちます。
フェイスマスクの使用時間はおおむね10分から15分ほどですが、アイテムによって違います。必ずあらかじめ使用時間を確認してから、使用時間を超過してしまわないように注意して使ってください。

その3:ゆっくりはがしてアフターケア

使用時間が経過したら、フェイスマスクをゆっくりはがしていきます。
このとき、すばやく乱暴にはがしてしまうとお肌の表面を引っ張って刺激を与え、かえってお肌を痛めてしまうので注意してください。

はがしたあとは、手のひらを使って、お肌に残っている美容成分をお肌の奥深くにまで閉じ込めるイメージでパッティングしていきます。最後のハンドプレスが、フェイスマスクの美容成分をしっかり取り入れるための大切なポイントになるので忘れずに行いましょう。

さらに、フェイスマスクを使用したあとは、クリームや乳液類をのせてアフターケアをしてください。クリームや乳液の油分は、お肌に取り込んだ水分が蒸発してしまわないための蓋のような役割を果たします。

フェイスマスクのうるおいも長く実感しやすくなり、触れたときにしっとりと弾力があるみずみずしいお肌も手に入りやすくなります。

まとめ

せっかく保湿成分にも美容成分にも優れたフェイスマスクを使うなら、間違った使い方をするのは避けたいものですよね。これまで、正しい使い方ができていなかった人はぜひ今日から試してみてくださいね。