特集記事

カサカサ肌をなんとかしたい人のための、乾燥肌の対策方法

肌を触るとカサカサする・・・。お風呂や洗顔の後に肌が突っ張る・・・。化粧が崩れやすい…。
こんな症状を引き起こす乾燥肌に悩んではいませんか?

水分は美しいお肌の必須条件とも言えますが、効果的に取り入れるのは案外難しいもの。
この記事を参考にお肌の乾燥状態について知識を深め、しっとりみずみずしいお肌を取り戻してみてはいかがでしょうか?

お肌の乾燥状態とは?

乾燥肌という単語はよく聞くものの、実際にどういった状態が乾燥肌に当てはまるのかをご存知でしょうか?

乾燥肌は言葉の通り、お肌から水分が失われている状態。乾燥肌の場合には次のような状態に陥っていきます。

・お肌に触れるとゴワゴワ、カサカサしている
・ファンデーションをのせたところが粉っぽくなる
・表面がひび割れてしまう
・つっぱったように感じられる
・メイクをのせても馴染みにくい
・テカリや油っぽさが気になる

このような状態が見られたら、お肌が乾燥しているサインです。

特に注意したいのが「テカリや油っぽさ」。
お肌がテカっていると「自分は脂性肌なのかな」と感じてしまうかもしれませんが、実際は乾燥肌という場合がめずらしくありません。
肌のテカりは、肌が乾燥するあまり、肌の内側から油を出して、潤いを作り出そうとしていることがあります。

乾燥が気になるときは、いつもよりスキンケアに時間をかけると同時に、スキンケアアイテムがお肌の性質に合っているか見直してみることもおすすめです。

お肌が乾燥してしまう原因

お肌は色んな原因によって荒れてしまいますが、中でも乾燥は空気や環境の影響を大きく受けます。

そのため、空気が乾燥しやすくなる冬場はいつもと同じスキンケアでは、乾燥しやすくなってしまいます。
特に、暖房のついた部屋は湿度が上がりにくいのでため、気づいたときにはお肌がカピカピ……なんてこともあるかもしれません。

また、乾燥しやすい冬場だけではなく、夏場の紫外線にも要注意。
紫外線は表面のバリア組織を壊すなど、お肌にも髪にもあらゆる影響を与えます。紫外線を防ぐためには、おでかけ前にUVカットアイテムを使うことを忘れないようにしましょう。

さらに、毎日の習慣の中でお肌にストレスを与え、乾燥を招いている場合もあります。
食生活や睡眠習慣が乱れていると乾燥しやすくなるほか、洗顔の仕方を間違えている場合、お肌が常にダメージを受けているかもしれません。

効果的なお肌の乾燥対策

乾燥対策には、とにかくお肌へ効果的に保湿成分を取り込み、蒸発させないように閉じ込めることが大切です。

化粧水をのせたあとには、クリームなど油分を含んだスキンケアアイテムで、上から蓋をするように心がけてみてくださいね。より効果的にお肌の奥にまで保湿成分を届けるためには、いつものスキンケアにフェイスマスクによるケアを行うのもオススメです。

フェイスマスクは、お肌にぴったりと密着して、美肌に効果的な成分をじっくり浸透させていきます。お風呂上がりに使用すればさらに効果を実感しやすくなるため、新習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

普段は乾燥が気にならないという人でも、乾燥しやすい季節や環境下にいると、水分がどんどん失われてしまいます。

お肌の状態を常に気にかけ、特に乾燥しているときにはスペシャルケアで労わることによって、潤いたっぷりでもちもちのお肌を手に入れましょう!