特集記事

【男性必見】フェイスマスクによるカミソリ負けの予防と対策方法

今回は男性向けにフェイスマスクによるカミソリ負けの予防と対策方法をご紹介します。美容男子のみなさんは必見ですよ!

あなたのお肌は、カミソリを滑らせた部分が赤く腫れてしまう「カミソリ負け肌」ではありませんか?

お肌が荒れているからと言って男性にとって大切な身だしなみである毎日の髭剃りは欠かせません。そんなときにどうやって対処すればよいのか、そもそもカミソリ負けをしないための予防方法とは?

そんな悩みを解決するために、ここではカミソリ負けが起きてしまう理由や、予防方法・対策方法についてご紹介いたします!

カミソリ負けが起こる理由

あなたは、髭剃りをする前や後に、きちんと保湿をしていますか?

カミソリ負けができてしまう主な原因として、お肌の保湿が十分でないことが考えられます。
乾燥したお肌は、些細な刺激にも敏感なため、カミソリのちょっとした刺激に過度に反応し赤みや傷につながってしまうのです。

また、髭剃りに使っているカミソリや、シェービングクリームにも注目してみましょう。
ずっと同じカミソリを使いつづけ、刃がサビたり古くなったりしていませんか?
長く使っているシェービングクリームは、劣化していたり、気になる匂いがしていたりしませんか?

古いシェービングアイテムは、刃こぼれや雑菌が原因となりお肌に負担をかけてしまいます
1~2週間程度を目安に交換し、常に新しく清潔なアイテムで髭剃りを行ってください。

カミソリ負けを放置していると併発する諸症状

カミソリ負けが起きてしまったとき「放っておけばいいだろう」というイメージを抱いていませんか?

しかし実際は、カミソリによってお肌表面のバリア機能がはがれた状態で放置すると、お肌の状態が悪化し、肌荒れを招いてしまいます。

もっとも多いのが、お肌の赤みやひび割れ、かゆみ、ヒリヒリとした痛みなど。
さらに、カミソリによってダメージを受けたお肌に、衣服や枕などを通じて雑菌が触れれば、ニキビや湿疹にもつながります。
膿が出るなど、見た目にも痛々しく不衛生なイメージになる場合もめずらしくありません。

カミソリ負けの予防策

カミソリ負けの予防としては、必ずクリームを使い、お肌を傷つけないようにコーティングすることが欠かせません。
カミソリを滑らせるときは、毛の生えている方向に沿ってカミソリを動かしていく「順剃り」を徹底し、ゆっくりと剃っていきましょう。

剃りきれなかった場合、部分的に逆向きに剃る「逆剃り」をしてもかまいませんが、あちこち自由な方向へカミソリを動かすと、カミソリ負けが起きやすくなるので注意してください。

また、必ずカミソリを持たない方の手も使い、カミソリを滑らせる方向とは逆の方向へ皮膚を引っ張っておくことも大切です。
こうすることで、一度カミソリを動かすだけで根元からしっかりとムダ毛を処理しやすくなり、何度もしつこくカミソリを使う必要がなくなります。

少しの刺激でカミソリ負けしやすくなっているときは、お肌や身体が弱っているのかもしれません。
生活習慣にも注目し、たっぷりと睡眠をとれているか、栄養バランスの優れた食生活ができているか見直しながら予防してください。

カミソリ負けを改善するためのスキンケア方法

カミソリ負けができてしまったときは、スキンケアアイテムを揃え、保湿を中心としたスキンケアを徹底しましょう。

ドラッグストアに足を運ぶと、メンズ向けの化粧水や乳液などを目にすることも多いのではないでしょうか?
スキンケアアイテムと聞くと「女性が使うもの」とイメージしてしまう人も多いかもしれませんが、日々習慣的にカミソリを使う男性だからこそ、丁寧なケアが欠かせません。
また、きれいなお肌をキープするためにはフェイスマスクも使用しましょう。
美容液を含んだシートでお肌全体を包み込むフェイスマスクは、お肌にしっかりと密着して美容成分を閉じ込める役割を果たします。
お風呂上がりや、髭剃りをした後を中心に、メンズ用のフェイスマスクを使ったケアを習慣づけてみてください。

まとめ

髭剃りをすることによって、できたカミソリ負けについて、諦めている人もいるのではないでしょうか。
しかし、きちんとケアすれば予防することも、素早く改善させることもできるのです。
メンズ用のフェイスマスクやスキンケアアイテムを活用して、いつでも清潔感のあるお肌を手に入れましょう。