特集記事

春に入ってから肌が荒れる・乾燥する…。春に起りやすい肌トラブルと解決方法

季節の変わり目、お肌にも変化を感じていませんか?
お肌は、環境の変化を大きく受けるため、いつもと同じスキンケアを行っていても「今日は調子が悪い!」と感じてしまう日がありますよね。
季節の変わり目に気をつけてほしい、スキンケアのポイントをご紹介していきます!

季節ごとにスキンケアは変えるべき?

あなたは、一年中同じスキンケアをしていませんか?

お肌は日差しや乾燥の影響を大きく受けるため、季節によって着るものを変えるように、お肌もそのときどきの状態に合わせ、スキンケア方法を変えなければいけません。
乾燥しやすい冬場は保湿を中心に、紫外線が強い夏場はUV対策とシミ・そばかすケアを中心にしたスキンケアが必要になります。
さらに、春や秋は朝晩と日中とで寒暖差が大きいため、ニキビなどの肌トラブルケアも欠かせません。

春がもたらす肌ダメージについて

春は、花粉に悩まされる人も多いですよね。

花粉の症状と言うとくしゃみや鼻水をイメージするかもしれませんが、実は花粉は、目や鼻だけでなくお肌にも大きな影響を与えています。
花粉が付着すればお肌が汚れるのはもちろん、アレルギー反応が出ればお肌の赤みや肌トラブルにもつながります。

さらに、春は新生活がはじまる季節でもあるため、生活が変わって自律神経が乱れやすいという特徴があります。
夜眠れない、食欲がない、身体がだるいなどの症状を感じている人は、特に要注意。
お肌も同じように、ダメージを受けている可能性があります。

春に現れやすいお肌の変化

温かくなってくる春は、冬に比べて皮脂分泌が盛んです。

大量に分泌された皮脂は、毛穴づまりや黒ずみ、ニキビの原因にもなります。

また、花粉症の人は目もとや鼻の下をこすったり、拭ったりすることも多いのではないでしょうか?
デリケートなお肌にとって、摩擦は大きなダメージになり、色素沈着も起きやすくなります。
そのため花粉症の人は、目もとのクマや、鼻周りの黒ずみができやすいのです。
一度色素が沈着してしまうと、お肌を白く美しい状態へ戻すのには時間がかかるため、日頃から予防と対策を心がけましょう。

春のゆらぎ対策・スキンケア方法

お肌の状態が気になりはじめたら、まず生活習慣を改めるところからはじめましょう。
生活が変わりやすい春だからこそ、意識的に睡眠をとり、栄養価の高い食べ物を摂取して身体を労わってあげることが大切です。

その上で、スキンケアも春に合うものに切り替えましょう。
例えば、冬のあいだに使っていた高保湿系アイテムから、美白系アイテムに変えるのもいいかも。
春は冬に比べればお肌の乾燥を防ぎやすいため、その分「美白」「テカリ予防」「ターンオーバー」「シミ対策」「ニキビ対策」などにもこだわって、スキンケアアイテムを見直しましょう。
また、季節の影響を受けたデリケートなお肌には、フェイスマスクを使ったスキンケアもおすすめです。

春におすすめなフェイスマスクの種類

春の敏感なお肌を健康的な状態へ導きたいなら、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの、高保湿成分が含まれたフェイスマスクを利用しましょう。

また、プラセンタ、ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体などが含まれているフェイスマスクなら、ターンオーバーを促すことにもつながります。

お肌のハリやツヤに物足りなさを感じるときには、新陳代謝を促すパントテン酸やナイアシンが含まれたフェイスマスクもおすすめです。

フェイスマスクを使うタイミングはお風呂上がりを選び、あらかじめ化粧水を叩き込んだお肌の上にフェイスマスクをのせ、ぴったりと密着させます。

フェイスマスクには、それぞれ規定の使用時間があるため、事前に使用時間を確認しておくこともポイントです。超過して使い続けるとかえってお肌へ負担を与えかねないため、使い方をきちんと守って健やかなお肌を手に入れましょう。

まとめ

行楽シーズンの春だからこそ、どこかへ出かけるならお肌がボロボロではもったいないですよね。
毎日、状態を確認することを意識しながら、美しいお肌を手に入れましょう!