特集記事

正しいケアはできていますか?毛穴の黒ずみと詰まりの原因と解決方法

しつこい毛穴のつまりや黒ずみ…。
自分なりにスキンケアをしているつもりでも、毛穴は一度気になりはじめると、すごく目についてしまいますよね。
特に鼻の毛穴は目立ちやすい上になかなか治ってくれません。

こういった毛穴のトラブルには毎日のスキンケアが大切。
毎日のスキンケアを見直しながら、毛穴の悩みを解決に導きましょう。

毛穴のつまりと黒ずみはなぜできてしまう?

毎日、丁寧にケアしているつもりでも、毛穴のつまりと黒ずみができ、がっかりしてしまう人もいるのではないでしょうか?
まずはつまりと黒ずみの原因からチェックしていきましょう。

つまりや黒ずみは、毛穴に汚れやほこりが入り込んだり、皮脂が溜まったりすることが原因で発生します。

毛穴が開いていると、汚れやほこりが入りやすくなってしまいます。
かと言って、毛穴が閉じきった状態になっていると、皮脂や老廃物がスムーズに分泌されず、皮脂づまりが促進されてしまいます。
そのため「定期的に毛穴の汚れをかき出すこと」と「普段は毛穴を引き締めた状態にしておくこと」のどちらも大切なのです。

毛穴のつまりや黒ずみを改善に悩んでいるときはまず、肌質の改善からはじめましょう。

つまりと黒ずみの原因となる「角栓」とは?

黒い毛穴が気になってしまった経験はありませんか?
これは、毛穴につまっている汚れの中でも、空気に触れている部分が酸化し、ポツポツと黒く浮き出てしまうから。

黒ずみは目立つため「今すぐ改善したい!」と焦ってしまうかもしれませんが、生活をする上で顔に汚れが付着しないようにすることは、ほとんど不可能です。
角栓を作らないようにするためには、お肌に付着した汚れを素早く落とす習慣をつけることが大切です。

さらに、落としきれなかったファンデーションが角栓になってしまう場合もめずらしくありません。
丁寧なメイクをしている人は、メイクをしない人に比べてつまりや黒ずみが起きやすいため、クレンジングをしっかり行う必要があります。

角栓の除去方法

毛穴のつまりや黒ずみを改善するために、重要なのが「洗顔」です。

石鹸や洗顔フォームは、洗浄力の高いアイテムを選び、事前にしっかりと泡を立てましょう。
手のひらとお肌が触れないよう、クッションを作るイメージでたっぷり泡立ててください。

しかし、洗顔だけで毛穴に入り込んだ角栓まで取り除けるとは限りません。
角栓を集中的にケアしたいときには、粘着力のあるジェルで汚れをかきだす「ピーリング」も行いましょう。

ピーリングはエステや美容クリニックでオーダーできるほか、ドラッグストアでもピーリング剤を購入できます。そして、洗顔やピーリングを行ったあとは、必ずアフターケアとして保湿を忘れないようにしてください。

アフターケアを怠ると、汚れをかきだした後のぱっくり開いた毛穴が、そのままになってしまいます。

毛穴が気になるときのケア方法

洗顔やピーリングのアフターケア以外にも、習慣的に保湿力の高いフェイスマスクを使い、お肌に潤いを与えることを徹底しましょう。

○ヒアルロン酸
○コラーゲン
○セラミド
○アミノ酸

これらの成分は、保湿成分の中でも特に高い保湿効果が実感できるとされている、毛穴の引き締めに効果的な成分です。

また、フェイスマスクによってお肌全体にたっぷりと美容液を取り込むことは、ターンオーバーをうながすことにもつながります。
ターンオーバーは、入り込んだ角栓や古い角質を除去するために欠かせません。

フェイスマスクを使うタイミングは、お風呂上がりがベストです。
お風呂上がり、あらかじめ化粧水で簡単に整えたお肌に、フェイスマスクをのせていきましょう。
美容成分が蒸発してしまわないよう、シリコンマスクやラップでフェイスマスクの上から蓋をすると、さらに浸透率が高まります。

まとめ

毛穴のつまりや黒ずみは、治らないものと考えている人もいるのではないでしょうか?

しかし、正しいケアを心がけ、長い目で対策していけば目立たない状態に導くことができます。
毎日のスキンケアを見直し、清潔感のある白く美しいお肌を目指しましょう!