特集記事

デート前なのに治らない大人ニキビ…。大人ニキビを治すための対策と予防法

目立つ場所にできてしまったニキビは、鏡を見るたびに気になってしまうもの…。
メイクでも隠せなかったり、普段のメイクがやりづらかったりと、悲しいこと続きになってしまいます。楽しみにしていたデートの日の直前にニキビができてしまった、なんてことがあれば気分も盛り下がってしまいますよね。

困った大人ニキビを作らないためにも、原因や解決方法を知り、大人ニキビに縁がないお肌にしませんか?

大人ニキビの原因とは?

いわゆる「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」は、どう違うのでしょうか。

まず、思春期ニキビは成長過程に、ホルモンバランスが乱れやすくなることで発生します。
一般的に、ホルモンバランスの乱れは年齢を重ねるごとに落ち着き、原因が解決することで思春期ニキビも改善していきます。

それに対し、大人ニキビは生活習慣やお肌に合わないスキンケアが原因で発生します。
そのため「時間が経てば自然に治る」と言うものではなく、いったん症状が治まってもまた別の場所にできるなど、何度も繰り返してしまいます。
特に次のような習慣は、大人ニキビの原因になりやすいので注意しましょう。
◇睡眠不足状態が続いている
◇お肌が乾燥しがち
◇脂っぽい食事や、甘いものが好き
◇ストレスを溜め込んでいる
◇便秘気味、胃腸の調子が悪い
◇無理なダイエットをしている
◇一度に食べ過ぎたり、食事をとらなかったりと不規則
◇運動する習慣、汗をかく習慣がない

これらに当てはまる人は、生活の中で大人ニキビの予防と対策を意識しましょう。

大人ニキビを治すための方法は?

まず、大人ニキビができてしまったら、不用意に触れないように気をつけましょう。
大人ニキビは、刺激を与えるほど悪化し、治りが悪くなる可能性があります。
かゆみが気になるときも触らないように気をつけ、マフラーのように顔に触れるアイテムは使わないようにしてください。
無意識のうちに触れてしまったときに雑菌を繁殖させないように、常に手を清潔な状態に保っておきましょう。

また、保湿などのスキンケアはしっかりと行う必要がありますが、メイクはできるだけ避けてすっぴん状態をキープすることがおすすめ。大人ニキビを隠そうと、コンシーラーやファンデーションを塗り重ねると、悪化して余計に目立ちやすくなるため、注意が必要です。

なかなか改善しない場合は、皮膚科などのクリニックに相談をしてみましょう。

大人ニキビの予防方法

クリニックでの治療やセルフケアを徹底しても、一度できてしまった大人ニキビを跡も残さずきれいに消すことは簡単ではありません。

何よりも、普段の生活習慣を見直してニキビができにくい体質を目指すことが大切です。

大人ニキビをはじめとした肌トラブルを招かないために、まず注目したいのは「保湿」です。
お肌がしっかりとうるおいを保っていることは、大人ニキビ対策の大切な条件になります。
お肌は乾燥してくると、うるおいを保つために余分な皮脂を分泌します。この皮脂こそが、大人ニキビの原因になってしまうのです。化粧水、乳液、美容液などを活用して、保湿ケアを徹底しましょう。

さらに、保湿成分をお肌へしっかり浸透させるためには、習慣的にフェイスマスクを使うことも大切です。フェイスマスクはお肌にぴったりと密着するため、乾燥しがちな肌や敏感肌にもうるおいをしっかり閉じ込めます。保湿効果だけでなく、たくさんの美容成分が含まれているのもフェイスマスクの魅力です。

バリア機能の再生を促すビタミンC誘導体や、ハリツヤを与えてくれるヒアルロン酸など、お肌に足りない成分をしっかり補い、大人ニキビを予防しましょう。

まとめ

治すためには常に清潔にしてできるだけメイクをしないする必要があるなど、日常の生活にも影響が出てしまいますし、何よりできてしまったニキビ跡をきれいにするのはなかなか難しいものです。

そのため、そもそも大人ニキビを作らないための普段からのスキンケアをしっかりと行うことが重要です。

大人ニキビやニキビ跡がない美肌は、自分に自信を持つきっかけにもなるはず。
化粧水や乳液、美容液等でのスキンケアと併用してフェイスマスクを使ったスキンケアを徹底して、肌トラブル知らずの美しいお肌を手に入れてくださいね!