特集記事

冬の乾燥肌対策に!寒い時期にフェイスマスクを快適に使う方法

寒い時期こそお肌が乾燥しやすく、放って置くと多くの肌トラブルにつながってしまいます。しっかりとケアをするためにも、フェイスマスクを始めとした念入りなスキンケアが欠かせません。しかし、お肌にのせるとひんやり感じられるフェイスマスクは、寒い時期には使いづらく感じてしまうのではないでしょうか?

そこで今回は、寒い季節でも気持ちよくフェイスマスクを使うためのポイントをご紹介します!

寒い季節はフェイスマスクで保湿を

空気が乾燥しやすい冬場は、お肌も影響を受けてカラカラの状態になりやすいものです。しかし、乾燥したお肌を放置することは厳禁。乾燥したお肌は、バリア機能が低下し些細な刺激でも肌トラブルやかゆみが起きやすくなります。さらに、うるおいをカバーしようとお肌から脂が過剰に出て、テカりやすい状態に陥ってしまうこともあります。冬場は、高保湿のスキンケアアイテムやフェイスマスクでお肌をしっかりケアしましょう。

ドライヤーを当てながらフェイスマスクを使おう

寒さ対策には、ドライヤーで髪を乾かしているあいだにフェイスマスクを使う方法がおすすめです。ドライヤーの温風は、髪や頭皮はもちろん身体全体をぽかぽかと温かくさせますよね。たとえ寒い季節であっても、ドライヤーを使っているタイミングであればフェイスマスクの冷たさが気になりません。

またフェイスマスクは、顔の近くに当たる温風からお肌を守る役割も果たします。お肌に当たる温風は乾燥の大敵ですが、フェイスマスクを使っていればダメージを受けにくくなり、さらにフェイスマスク自体も気持ちよく使えるようになります。ただし、乾かしているあいだにフェイスマスクが剥がれてくる可能性があるため、シリコンフェイスマスクやラップで上から包みこみましょう。

美容成分が乾くことも防いでくれるため、お肌へ有効成分が浸透しやすくなるのもうれしいですね。

梱包パックごと湯煎して温めよう

さらに、梱包パックごと湯煎してフェイスマスクそのものを温めるという方法があります。大容量タイプのフェイスマスクではなく、1枚ずつ個包装になっているフェイスマスクなら、温かいお湯の中へそのまま投入することでほのかに温かい感覚を楽しめるようになります。湯煎するときは、30度後半~40度ほどのお湯を用意し、やけどに注意して取り扱ってくださいね。もっと簡単な方法は、お風呂に入るとき湯船にフェイスマスクを浮かべておく方法です。フェイスマスクのためだけにお湯を用意する手間がなく、お風呂上がりにすぐ使えて、気持ちいい使用感を味わえるという一石三鳥の方法なのです。

お風呂に入りながら使うのはアリ?

湯船でフェイスマスクを温めたあとは「お湯につかりながらフェイスマスクを使えばもっと楽!」と感じられるのではないでしょうか。
しかし、お風呂に入りながらフェイスマスクを使うのは避けた方がベターです。
汗をかくことでつまった毛穴や老廃物を排出されやすくなり、同時にお肌に必要な成分がきちんと入り込みにくくなってしまいます。

さらに、汗をかいているお肌はフェイスマスクがはがれやすく、ぴったり密着させるというよりもただお肌にのせているだけという状態になりかねません。電車のドアをイメージすると分かりやすいと思うのですが、降車する人がたくさんいる中で強引に乗車しようとしても、なかなか難しいものですよね。「降りる人が先」という乗車時のマナーがあるように、お肌もまずは汗や老廃物を排出させてから、お風呂上がりにケアをした方が効率的です。

まとめ

寒い季節は、お肌が乾燥しやすく肌トラブルが起きやすい季節でもあります。フェイスマスクは美しいお肌をキープするために外せない存在となるため、工夫しながら気持ちよく使える方法を探してみてくださいね。