特集記事

20代から始まる肌の老化。若々しい肌を保つためにやるべきスキンケアとは?

20代は仕事をはじめたり一人暮らしをはじめたり結婚したりと、生活環境の大きな変化を経験する人も多いのではないでしょうか。同じように、20代ではお肌の状態も大きな変化を感じることが少なくありません。

今回は、実は20代のうちからはじまっている、お肌の老化現象に焦点を当ててみましょう。

お肌の曲がり角とは?一体何が起こるのか?

年齢を重ねる中でお肌の状態はどんどん変化していくものですが、実は20代からお肌の老化現象がはじまっていると言われています。10代~20代前半ではお肌がオイリーに感じられていた人や肌トラブルとは無縁だった人でも、20代からは乾燥が気になったり、大人ニキビやシミが目立つようになったりと、変化を感じるようになるかもしれません。

このようにお肌の状態が急激に変わる時期は「お肌の曲がり角」と呼ばれています。お肌の曲がり角を迎えると、ターンオーバーが滞りやすくなる、活性酸素が増加する、乾燥や紫外線などの外部刺激に敏感になる……といった変化が見られるようになります。

さらに、お肌の曲がり角は一生で一度しかおとずれないわけではありません。個人差はあるものの基本的には何度も繰り返し、そのうちのはじめてのお肌の曲がり角を、20代で経験することが多いようです。

そのまま30代に入ったら肌はどうなる?

20代でお肌の曲がり角を実感しながら、対策をしないまま30代に差しかかると、さらにお肌の状態が変化します。ターンオーバーが滞りやすくなることからお肌に古い角質が残りがちになり、お肌にキープできる水分量も減っていきます。 これまでと同じスキンケアを続けるだけでは乾燥を防ぎきれなくなったり、くすみや毛穴が目立つようになったりすることもあるでしょう。

さらに、うるおいやハリツヤを失ったお肌はシワやたるみの問題も深刻化していきます。目元や口元の小じわ、ほうれい線があるだけで、見た目年齢が一気に老けてしまいます。若々しく美しいお肌をキープするためには、スキンケアを怠った状態で30代を迎えることがないようにしましょう。

お肌の曲がり角を迎えたときの対処方法

肌質に合ったスキンケアを徹底していれば、お肌の曲がり角を迎えたあとも、若々しいお肌をキープすることができます。スキンケアは基本的に「これが絶対に正しい」というものがないため、お肌の状態を見極めながらケア方法を変えていきましょう。 例えば、目元にクマやたるみが気になったときにはアイクリームを使って、目元を集中的にケアする必要もあるでしょう。

もちろん、状態にかかわらずおこなう毎日のルーティーンケアも、いっそう丁寧に行うことが大切です。ワンランク上のスキンケアをするためには、化粧水や乳液といった基礎的なアイテムだけでなく、スキンケアアイテムの浸透力を高めるフェイスマスクなども活用しましょう。

また、美しいお肌を取り入れるために保湿が大切なことは言うまでもありませんが、取り入れる成分にもこだわりましょう。セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分は、美しいお肌へ導くために必要不可欠な要素です。

フェイスマスクを選ぶ際のポイントとして、配合成分にも注目してみましょう。化粧水やフェイスマスクでお肌にうるおいを与えたあとはクリームで蓋をして、水分と油分の両方をバランスよく取り入れることも重要です。

まとめ

「お肌の曲がり角」という言葉を耳にしても、どこか他人事のように感じられるかもしれません。しかし美しいお肌を長くキープするためには、早くから対策をしておくことが重要です。できるだけ早いうちから、丁寧なスキンケアを心がけてくださいね。