特集記事

海外で注目を集める小顔矯正のためのフェイスマスクとは?

日本国内のトレンドアイテムだけでなく、海外の美容意識が高い女性の中で注目を集めているアイテムまで、しっかりアンテナを張ることができていますか?海外で人気のアイテムの中には、日本の定番アイテムとは一味違った特徴を持ち合わせた商品もあります。

今回は特に、海外で注目を集めている「小顔矯正用フェイスマスク」についてご紹介していきましょう。

小顔矯正用フェイスマスクとは?

小顔矯正用フェイスマスクとは、その名の通り小顔矯正に効果を期待できるフェイスマスクのこと。3D設計の立体構造によってフェイスラインにぴったりとフィットし、小顔へ導いてくれるのが大きな特徴です。密着力が高いことから、使用時にたるんだフェイスラインを引き締め持ち上げることで、より効率的なリフトアップを叶えます。

もちろん一般的なフェイスマスクと同じように水分や美容成分を取り入れ、お肌の保湿やハリツヤアップにも効果を期待できます。「たるみが気になってきたので、フェイスマスクを使って改善に導きたい」、「年齢とともにたるんできたお肌にハリやツヤを取り戻したい」といった目的でフェイスマスクを使用している人にとって、救世主となるのではないでしょうか?

ただし、アイテムによっては小顔矯正のみを目的にした、シリコンやポリウレタン製のコルセットのようなフェイスマスクも展開されています。その場合、保湿や美容成分を取り入れる効果は期待できないため注意しましょう。

小顔矯正用フェイスマスクの使い方

小顔矯正用フェイスマスクの基本的な使い方は、一般的なフェイスマスクと変わりません。まずはあらかじめクレンジングや洗顔をして、お肌を清潔にしておきます。その後フェイスマスクを顔にあてしっかりと密着させ、規定の時間待機することで、お肌にうるおいを与え引き締め効果を高めます。
使用後は、保湿クリームをお肌に重ねてうるおいが乾かないようにふたをしましょう。
小顔矯正用フェイスマスクは、密着率を高めるために耳にかけて固定する部分がついている場合がほとんどです。さらにコルセットのようにフェイスラインに沿って貼り付けるパッチタイプのものも展開されています。フェイスマスクの形状によって使い方も違うため、きちんとお肌に密着しているか、そしてリフトアップできているか確認しながら使いましょう。

使用時の注意点とは?

小顔矯正用フェイスマスクは、一般的なフェイスマスクに比べて使用時間が長くなります。一般的なフェイスマスクの使用時間が5~10分程度なのに対し、小顔矯正用フェイスマスクは10〜20分使用する場合もあります。長い時間お肌を強く圧迫し続けることで、お肌だけでなく骨格にも負担をかけてしまう場合もあるため使用中に異変を感じたら中止しましょう。

また、フェイスラインの矯正に特化したフェイスマスクでは、顔の周りを囲うようにマスクが作られているものも。一般的なフェイスマスクと違い、中心が空洞になっているフェイスマスクではお肌全体をケアすることが難しい場合もあります。その場合は、顔全体を包み込むフェイスマスクと併用することがおすすめです。

毎日のスキンケアには一般的なフェイスマスクを使用し、週に1度〜数回のスペシャルケアとして小顔矯正用フェイスマスクを使う……というように、上手に使い分けましょう。どちらか一つしか使わなかった場合、またどちらも使わなかった場合と違い、相乗効果が得られるはずですよ。

まとめ

肌質を整えたいという願いも、小顔になりたいという願いも叶えてくれる小顔矯正用フェイスマスク。普段のスキンケアにプラスすることで、なりたい自分に近づけるかもしれません!