特集記事

どう違う?フェイスマスクは値段で何が変わるのか?

フェイスマスクを購入しようとしたとき、種類の多さに悩んでしまう人は多いのではないでしょうか。特に、購入時の大切なポイントとなるのが値段ですよね。
値段によってフェイスマスクがどのように違うのか、選び方のポイントをご紹介します。

値段によるフェイスマスクの違いとは?

1枚100円というプチプラなものから、5000円にもなるものまで、フェイスマスクは値段が大きく違います。購入するにあたって、多くの人が「できるだけ出費を抑えたい」と感じるのではないでしょうか?

しかし、デリケートなお肌にのせるものであることから「安いフェイスマスクだとお肌が荒れない?」と不安や心配を感じたり、「高級なフェイスマスクを選んでおけば間違いない!」と考えたりする人もいるかもしれません。

フェイスマスクの値段は、配合成分の種類や量、濃度、さらに、フェイスマスクそのものの素材によって変わります。
フェイスマスクのメーカーはそれぞれに「美白成分に特化したフェイスマスクを作りたい」「伸縮性があり、お肌にぴたっと密着する素材を活用したい」など試行錯誤し、その努力が値段にも表れるのです。

ここで注意しなければいけないのは「高級マスクは、お肌にいい成分がたっぷり含まれ、素材も良いものを使っている」と思い込んでしまうこと。この思い込みがあると、高品質なフェイスマスクをリーズナブルな価格で提供しているメーカーを見落としやすくなります。メーカーの努力が値段に表れるからこそ、ただ値段だけを見て高価なものを選ぶということではなく、価格と品質の両方を見極めるのが大切です。

フェイスマスクが高価になる理由

それでは「なぜフェイスマスクの値段はこんなに差が出てしまうの?」というポイントもチェックしていきましょう。

前述の通り、フェイスマスクの値段は成分や素材によって変わっていきます。しかし、安いフェイスマスクは成分や素材が悪いということではありません。メーカーにとってもっとも大きなコストとなるのは、生産コストや人件費です。効率的な製造ラインを整えれば、成分や素材が同じでもよりリーズナブルな製品を生産できます。

また、ブランドのネームバリューも値段に大きく関わっていきます。
大手ブランドの場合、その名前や信頼性は世界中に知れ渡っていますよね。そのため、ほとんど同じ成分、同じ素材のフェイスマスクでも、大手ブランドのアイテムは高価に設定されているのです。

そして誰しも「せっかく高価なフェイスマスクを購入したのだから、大きな効果を得たい」と感じてしまうもの。例えば同じ保湿力のフェイスマスクでも、高価なフェイスマスクを使ったときは心理的な作用が働き、いつもよりもお肌がみずみずしいと感じやすくなります。

しかし実際にお肌の水分量を量ってみると、リーズナブルなフェイスマスクを使ったときと変わらない……という可能性もあるため、値段にとらわれず自分に合うフェイスマスクを選ぶ必要があります。

フェイスマスクを選ぶポイント

ここまでご紹介したように、「高価なフェイスマスク=良いフェイスマスク」「安かろう悪かろう」というイメージを抱いている人は、注意が必要です。

高い効果を実感できるフェイスマスクに出会うためには、予算オーバーでない限り値段のことは意識しすぎないようにしましょう。

それよりも、自分自身の肌質が敏感肌なのか、乾燥肌なのかという性質や、お肌のお悩みがフェイスマスク選びの鍵になります。どんなお肌になりたいのかを明確にしたうえで、補給すべき成分を明らかにしましょう。

例えば乾燥肌の人なら、フェイスマスクの中でも特に保湿効果に特化したアイテムを選んでください。お肌のたるみやしわが気になるなら、ハリやツヤを演出する、アンチエイジングに特化したフェイスマスクを選んでみてみましょう。

実際に使っていく中で、相性との兼ね合いや、そのときどきのお肌の状態も見極めながら、最適なフェイスマスクでケアをしてくださいね。

まとめ

フェイスマスクは「一度使えばお肌が生まれ変わる!」というものではなく「日常的に使うことで、お肌を健やかな状態へ導いていく」というものです。長く使うことも視野に入れ、高価なフェイスマスクばかりを選ぶのではなく、本当に満足できるフェイスマスクを見つけましょう。