フェイスマスク×スチーマーで効果的なケアを!

つややかな美肌を手に入れるためにフェイスマスクと「スチーマー」を活用してみませんか?
スチーマーは家電量販店で見かけたことがあっても、実際に使ったことはない……という人も多いかもしれませんね。

スチーマーを使うことでフェイスマスクの効果もアップします!
ぜひスチーマーの使い方や効果を覚えて、フェイスマスクとスチーマーによる効果的なスキンケアをはじめてみませんか?

美肌ケアにはフェイスマスクが最適 !

美肌を手に入れるためには、お肌に効果的な成分をしっかり取り入れてあげることが必要不可欠です。
そこでフェイスマスクが、お肌に美容成分を取り入れるため効率的なアイテムとして活躍します。

保湿成分と美容成分がたっぷり染み込んだシートをお肌にのせることによって、顔全体に必要な成分を行き渡らせ、お肌のうるおいやツヤが蘇ります。

どのようなフェイスマスクを選ぶかによって期待できる効果も変わるため、お肌の悩みに合わせて最適なフェイスマスクを選びましょう。

フェイスマスクを効果的に使うときのポイント

フェイスマスクの魅力はなんと言っても、お肌にぴったりと密着して、有効成分を表面だけでなく奥深くにまで浸透させてくれること。

化粧水や美容液にも有効成分は含まれていますが、ただお肌にのせるだけではすぐに蒸発してしまいます。
より高い効果を実感するためには、化粧水の上から蓋をするような感覚でフェイスマスクを重ね、有効成分の蒸発を防ぎましょう。

フェイスマスクは即効性も高いため「明日のおでかけのために、肌の調子を整えたい!」というときにも活躍します。
前日にフェイスマスクを使うことによって、おでかけ当日のメイクノリがよくなれば、好印象にもつながります。

このように、たくさんの魅力があるフェイスマスクをより効果的に使うためには、フェイスマスクを乾燥させないよう気を配りましょう。

保湿成分や美容成分が蒸発してしまったフェイスマスクは、お肌に張り付いてしまいます。
剥がすときに素肌を引っ張れば、かえって負担を与える存在にもなりかねません。

フェイスマスク×スチーマーで効果的なケアを!

フェイスマスクが乾燥しないようにするためには、スチーマーを併用することがおすすめです。

スチーマーとは、温かい霧状の水分を吹き付けて、お肌の乾燥予防・対策を叶える美容アイテムです。
ナノレベルの非常に細かな水蒸気をお肌に当てることで、お肌の奥にある真皮層にまで、保湿成分が行き届きやすくなります。

真皮層では、コラーゲンやエラスチンなど美肌に必要不可欠な成分が作られているため、真皮層にまで有効成分を届けることが美肌づくりのもとになります。

スチーマーの価格帯は3000~数万円と広く、家電量販店やAmazonや楽天などの通販サイトでも購入できます。
費用を抑えたい場合には、ハンディタイプのコンパクトなものを選ぶことがおすすめです。

スチーマーとフェイスマスクの使い方と効果は?

スチーマーを使ったフェイスマスクの効果アップの手順

  1. お風呂上りやメイクを落としたあとに、顔全体にスチーマーを当て、お肌を柔らかくしましょう。
  2. しばらくスチーマーを当てたあとは、化粧水を顔全体に馴染ませていきます。
  3. その後、フェイスマスクを顔に密着させ、その上から再びスチーマーを当てていきます。
  4. フェイスマスクの規定使用時間が経過したら、スチーマーを止め、シートをはがしましょう。
  5. その後、美容液やクリームを使って仕上げのスキンケアをすれば、完了です。

スチーマーとフェイスマスクで得られる効果は

スチーマーは毛穴を開かせてくれるため、毛穴につまった汚れや余分な皮脂を除去する効果が期待できます。
そして毛穴が開くことによって、フェイスマスクに含まれた保湿成分や美容成分が染み込みやすくなります。

また、温かいスチームは浴びているだけで血行促進効果も期待できます。
血行が促進され、新陳代謝が活発になった状態で保湿成分や美容成分を取り入れれば、浸透力もさらに期待できるでしょう。

ホットスチーマーだけでなく、冷モードの切り替えもできるスチーマーなら、最後に冷スチームを当てることも忘れないようにしましょう。
冷スチームは、開いた毛穴をしっかり閉じてくれる効果が期待できます。
毛穴が開きっぱなしでは汚れや老廃物が溜まりやすくなってしまいますが、最後に引き締めることで美肌をキープしやすくなります。

まとめ

フェイスマスクもスチーマーも、一つずつ使うことでも美容効果を得られるアイテムです。
だからこそ、組み合わせて使うことでお肌の調子に変化を実感できるはず。