特集記事

一体何が良いの?セラミド保湿の効果とは

コスメやスキンケアアイテムについて調べているときに「セラミド」という言葉を目にすることがありませんか?
なんとなく肌に良さそうといったイメージをお持ちの方も多くいらっしゃると思いますが、一方で、セラミドとはどんなものなのか、どのような効果を持っているのか具体的に解説するのは難しいですよね。

今回は美しいお肌を手に入れるためのキーワードとして覚えておきたい、セラミド保湿について解説していきましょう。

「セラミド保湿」とは?

美容アイテムやコスメの成分表で目にすることの多い「セラミド」。セラミドは、難しい言い方をすると「細胞間脂質」を潤すために必要な成分です。この名前の通り、セラミドは細胞と細胞のあいだにクッションのように入り込み、水分や油分を蓄えて細胞同士をつなぎあわせる役割を果たしてくれます。
一般的にセラミドは油溶性ですが、近年では水溶性セラミドの研究が進み、化粧水などにも多く配合されるようになってきました。

さらにそのほかにも、「ヒト型セラミド」などの種類があります。ヒト型セラミドはその名の通り、ヒトの肌構造に近い性質を持っていることが特徴です。体内にもともとある成分に近いセラミドなら、お肌や身体への影響をできるだけ抑えながら、必要な成分を効率的に取り込むことができます。
スキンケアアイテムが体質に合わずお肌が荒れた経験のある人でも、ヒト型セラミド配合のアイテムなら比較的安心して使用できるのではないでしょうか。

ヒト型セラミド配合のフェイスマスク

  • オルフェス(バイタルマスク)

    オルフェス(バイタルマスク)

    ヒト型セラミド配合で浸透力アップと集中保湿を実現。肌活力を高めてもっちり濃厚うるぷる肌へ…

セラミド保湿によって期待できる効果とは?

人は、誰しも組織内にセラミドを保有しています。しかし年齢を重ねるとともに体内のセラミドは少しずつ失われていくため、結果として加齢によってお肌のうるおいがなくなり、カサカサになってしまうのです。
そこで、セラミド保湿をすることでお肌本来の潤いを取り戻すことができます。もし、現在のお肌が全体的に乾燥し、表面がゴワゴワになっているのであれば、セラミドが失われている証拠かもしれません。

さらに、セラミドはお肌のバリア機能を向上する効果も担っています。お肌のバリア機能は、紫外線や摩擦、乾燥、その他の外部刺激からお肌を守り、環境に左右されずに美しい状態をキープするために重要な存在です。セラミドの減少によってバリア機能が失われると、環境や気温のちょっとした変化を敏感にキャッチして、お肌にトラブルが起きてしまいかねません。
「最近、特にお肌が荒れやすい」と感じているときは、お肌のバリア機能が低下している可能性があります。

セラミド保湿を効果的に行う方法とは?

セラミドを十分にお肌へ浸透させバリア機能を再生させるためには、スキンケアアイテムを選ぶときに必ず「配合成分」に注目しましょう。化粧水、乳液、美容液などを購入するときには、成分表を見て「セラミド配合」と書かれているか、きちんと確認する習慣をつけてください。

また、ヒト型セラミドが含まれているのか、植物性セラミドが含まれているのかなどの違いによって、同じセラミド配合コスメでも価格や期待できる効果が大きく違います。色々なスキンケアアイテムを試しながら、自分に合ったセラミド配合コスメを探すことがおすすめです。

さらに、化粧水や乳液だけでなく、フェイスマスクでもセラミド配合の商品が数多く展開されています。フェイスマスクはお肌に密着させた状態でじっくりと時間を置くため、化粧水や乳液よりも高い浸透力が期待できます。乾燥対策、肌荒れ対策になるのはもちろん、アンチエイジングにもつながるのがうれしいですね。乾燥したお肌や刺激を受けたお肌はセラミド配合のフェイスマスクでしっかり包み込み、美肌を目指しましょう!

まとめ

フェイスマスクやスキンケアアイテムを駆使して保湿を徹底することは、美しいお肌を手に入れるために欠かせません。
お肌の状態が気になるときにはぜひ、セラミド配合アイテムを活用しながら保湿を徹底してくださいね。