特集記事

朝の洗顔は必要?朝のスキンケアの仕方について

朝、起きたばかりの洗顔はどのように行っていますか?
洗顔料を使った方がいい、ぬるま湯だけで洗った方がいいなど色んな説があるため、悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

毎日のことだからこそ、しっかり覚えておきたい朝の洗顔方法について解説していきましょう。

朝は洗顔が必要?

夜は、一日を過ごすなかで顔に付着した汚れを落とすため、洗顔やクレンジングをきっちり丁寧に行う人が多いのではないでしょうか。一方で、朝はそこまで汚れていないように思えることから「洗顔の必要はあるの?」と思ってしまうかもしれません。
しかし実際は、朝のお肌にもさまざまな汚れが付着し、きれいな状態とは言えません。
寝ているあいだも皮脂や汗が絶えず分泌され続け、寝返りのたびほこりや枕の雑菌が、顔周りに付着してしまうことも少なくありません。眠っているだけだから、とお肌が汚れる要素などないように感じられても、実は朝のお肌はとても汚れているということを覚えておきましょう。

朝の洗顔に洗顔料は使用すべき?

ところで、朝のお肌が汚れていることが分かったところで「実際にどのような洗顔を行えばいいの?」と悩んでしまうのではないでしょうか。実は、この問題に正解はありません。

美肌を手に入れるためには、お肌の状態に合わせ、そのときそのときで違った洗顔を行うことが大切だからです。

例えば、「今日はいつもよりお肌のごわつきやざらつきが気になる!」というときには、洗顔料を使った方がいいでしょう。
しかし、乾燥が気になる季節には、洗顔料で保湿成分を落としすぎないよう、水やぬるま湯だけで洗顔をすませた方がいいかもしれません。
大切なのは「朝の洗顔とはこういうもの!」と思い込まず、状態に合わせて柔軟に対応することです。

洗顔でやってしまいがちな間違い

自分のお肌に合った洗顔を見つけるためには、間違った洗顔方法を見直すことも大切です。例えば、お肌の汚れをしっかり落としたいという思いから、時間をかけて念入りに洗顔していませんか?長時間お肌に洗顔料を付着させたり、ゴシゴシとこすったりすると、かえってお肌に負担がかかってしまいます。
洗顔は2分以内を目安としてすばやく行い、しっかりすすぐことを意識しましょう。洗うときにも、そしてタオルを使うときにも摩擦を起こさないよう優しく当てながら、ケアしてください。

また、オイリー肌だからと言って乾燥を気にせずに洗顔していないでしょうか。皮脂は、乾燥を防ぎお肌をうるおすためにも分泌されます。
そのため、乾燥がひどくなればなるほど皮脂分泌をうながしてしまうのです。特に乾燥しやすい洗顔後は、オイリー肌の人も乾燥肌の人も、必ず十分な保湿をしなければいけません。

洗顔後はフェイスマスクでケアをすべき!

洗顔後には、フェイスマスクを使って失われたうるおいを取り戻す習慣をつけましょう。
朝の洗顔後につっぱった感じを覚えたり、日中に乾燥を感じたりするときは、洗顔によって必要な保湿成分まで洗い流している可能性が考えられます。

保湿成分のほかに美容成分もたっぷり含まれているフェイスマスクは、つっぱりや乾燥対策に効果的です。

フェイスマスクのシートでお肌を持ち上げ、蒸発しやすい有効成分をじっくりと浸透させれば、たるみやシワ、シミなどあらゆる肌トラブル対策にもつながります。洗顔後はいきなりフェイスマスクをのせるのではなく、あらかじめ化粧水をなじませてからフェイスマスクを重ねていきましょう。
こうすることで、蒸発しやすい化粧水をフェイスマスクが閉じ込め、蓋のような役割を果たしてくれます。

フェイスマスクをはがした後は、乳液やクリームのように油分が含まれているスキンケアアイテムで仕上げましょう。
フェイスマスクでお肌の調子を整えれば、その後のメイクノリもよくなるため、朝の大切な習慣として覚えておいてくださいね。

まとめ

朝、お肌のコンディションが整っていると、その日の気分も明るく上向きになりますよね。
朝の洗顔方法を見直し、フェイスマスクなど便利な美容アイテムも使いながら、美肌を手に入れましょう!