特集記事

透明感のあふれる肌を手に入れるためには?気になる透明感の上げ方

お肌が暗く見える、荒れている、くすんでいるなどの状態に悩まされていませんか?
自分のお肌に不満があるときは、肌トラブルがなく、透明感のあるお肌が羨ましくなってしまいますよね。

透明感のあるお肌はどのように作られるのか、また透明感を引き出すためのスキンケアのポイントなど、気になる情報をご紹介していきます!

透明感のあるお肌とは?

まず、「透明感のあるお肌」とはどのような状態を指すのかをご存知でしょうか?

一般的に、透明感のあるお肌とは、シミ、シワ、クマ、ニキビ、ほうれい線、毛穴の開きなどの肌トラブルがなく、表面がなだらかで皮膚が透き通って見える状態のことを指します。
一概に定義するのが難しい透明感ですが、次のような要素が揃っていると、透明感を演出し魅力的に感じられやすくなります。

・白く、日焼けしていないお肌
・シミやクマがなく、均一に美しいお肌
・くすみのない明るい色のお肌
・ニキビや炎症、赤みのないお肌
・毛穴が開いた状態ではなく、きゅっと引き締まって毛穴が目立たないお肌
・たるみがなく、フェイスラインが持ち上がっているお肌
・ほうれい線や目立つシワがなく若々しいお肌

鏡を見ながらチェックし、自分にとって足りない要素は何か見直してみると、透明感のあるお肌に近づきやすくなるはずです。

お肌の透明感を引き出す方法

透明感を演出するためには、お肌本来の機能がきちんと活きている必要があります。

お肌はもともと、外的な刺激を受けづらくするバリア機能や、老廃物をスムーズに排出し、お肌を生き返らせるターンオーバー機能などを持ち合わせています。
しかし、生活習慣の乱れ、加齢、その他さまざまな原因によって、次第に本来の機能が失われていきます。そのため、透明感を引き出すためには、有益な栄養素や美容成分をお肌に十分与えて、本来の機能を促す必要があります。

お肌の本来の機能を促すには、お肌に良い成分がたっぷり含まれたフェイスマスクを活用しましょう。

フェイスマスクには、美白、保湿、ハリツヤアップ、アンチエイジングなど、さまざまな効果を期待できる美容成分が含まれています。
フェイスマスクを顔にのせたまま数分おいておくだけで、美容成分の浸透力もあがり、イキイキとした美肌を手に入れやすくなります。

透明感をキープするための注意点

お肌の透明感をアップするためのスキンケアは、人によって効果に差があります。
すぐに効果が表れた場合でも、途中でケアを辞めないようにしてください。
一時的にお肌のトーンアップやリフトアップが叶っても、お手入れを辞めていると肌トラブルが起きてしまう場合があります。
フェイスマスクを利用したケアは、普段のスキンケアに組み込み習慣づけることが大切です。

ただし、フェイスマスクをのせたときに痛みを感じるときや、使用後お肌が赤くなるときは使用を避けてください。いったんお肌を休ませ、労わることに集中してから、改めてフェイスマスクのケアを再開しましょう。

まとめ

透明感のあるお肌は清潔なイメージを与え、好感度アップにもつながります。
お肌に必要な栄養素を十分取り込む習慣をつけて、透き通る美肌をあなたのものにしてくださいね。